1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
05_ 2018
僕がシンセサイザーというものを知ったのは、ラジオや無線等の機械弄りが好きだった従兄が、その線で興味を持ったクスコの「アルカトラス島」を聴かせてくれた時だった。

中1で同じクラスになった友達が、毎月「アウト」と「ホビージャパン」を貸してくれた事が僕のアニメ・オタク化の直接の原因だ(幼児期に、親に「てれびくん」を買い与えられた事で下地は出来ていた)。

オタクであろうと否とビデオ・ゲームはやる。うねり君が「「ファンタジーゾーン」のB.G.M.はサンバのリズムで…」とか言って、そこから久保田利伸(「Such A Funky Thang!」)等のファンク調ポップスを聴く様になった(その流れでレゲエもちょっぴり聴いたが、後にフィッシュマンズ経由で再会する事になる)。

ヒップホップを聴く様になるのは、それから随分と後の事で、フリッパーズ・ギター解散後の、小沢氏とのあの曲ではスチャダラパーの印象はそれ程ではなかった。

その後、「5th wheel 2 the coach」や「偶然のアルバム」に衝撃を受けたが、それは、たった1日バイトで同じ現場になった青年によってウータン・クラン(「Enter the Wu-Tang」)を知ったのと同時期だった気がする。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm25680284
初音ミクの証言

これはガチ。

映像も含め7者7様のスタイル。
何より、ボカロで、ガチのファンクでのラップを聴きたいって望みが、こんな形―「証言」のカバー(…デヴラージはこの曲を聴いたろうか?)!―で叶うとは!!

そして、それだけじゃない。

「我ら ジャンルのジャングルではしゃぐ恐竜」

この作品の意義は途轍も無く大きい。
 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (1) / trackback (0) / 一般
2015-06-30 (Tue) 23:59:59





>バイトで同じ現場になった青年

彼は確か、日本語のラップについて気恥ずかしい的な事言ってたんだが、

・ https://www.youtube.com/watch?v=F7cYeBwVQZ4

時代は、本当に変わった様だ。
 ≫ ヘッド / link / 2015-07-24 14:04 / h2Hf/Kro
http://head.usamimi.info/tb.php/22540

≪ NEW | GOTO TOP | OLD ≫
CATEGORY
NEW
COMMENT
≫ 心理描写の極北
 ≫ ヘッド (05/20)
≫ マイナー誌をたらい回しにされた挙句、掲載誌のリニューアルで打ち切り…ふざけるな!!
 ≫ ヘッド (05/18)
≫ 花と頂
 ≫ ヘッド (05/05)
 ≫ ヘッド (05/03)
 ≫ ヘッド (04/24)
TRACKBACK
≫ これは単にワルクチですよ(笑)
 ≫ † 夜行記 † (05/06)
 ≫ 僕の宗教へようこそ (05/05)
≫ 降神だのM.S.C.だのといった新世代だけでなく大御所もちゃんと凄いや
 ≫ レコード万歳 (05/02)
≫ ブルガリ!
 ≫ 僕の宗教へようこそ (12/11)
≫ 「蟲師」アニメ版を評価してはならない理由
 ≫ DaHjaj gheD (10/31)
LOG
PROFILE
LINK
≫ module
 ≫ nJOY BLOG
≫ ikasama
 ≫ illust
 ≫ music(nico nico douga)
 ≫ side B
≫ exoticaAssociation
 ≫ 空にとける虹と僕の声
TOOL
rss 1.0
RSS 2.0

master

analyzer
analyzer_sp

≫ ゲストモード
ID :
PASS :



≫ 処理時間 0.190815秒
PRODUCE

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
2.6.11a

BANNER

もうすこしだけましな僕らが眠らない理由