1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
05_ 2018
最近、ガールズ・バンドをアイドル的な視点で観る向きが居る事を知って、ガールズ・バンドと言えば弁天レーベルだった(笑)僕は物凄く驚いて、で、バンドをアイドルの様に観る感覚…そもそも異性のアイドルを観る/アイドル歌謡を聴く嗜好とはどんなものなのかを考えてて。
実に昨晩、要するに彼等(アイドル・ファン)は肉食なのだ、という結論に至った。

僕にその素養は無い。


本日5/19、下北沢CLUB Que、ザ・カスタネッツ、ワンマン。

ちゃんとした大人の客層の中ちょっぴり居心地が悪かった。
牧野氏の下らないM.C.(「今日はボーダーの人が多くて…随分逃げて来ちゃったんだなぁって」)は好かったが(笑)。

今日、牧野氏の情感を際限無く増幅させる歌を浴びる程聴いて、ブルーハーブのボスのタイトなラップを聴いてる時以上に、やはり、求めているのはこれで、僕に萌を楽しむ心の余裕は未だ無いんだって実感した。

アンコールのラスト、 嗄れ切った声で歌う「Through」を聴いている時に感じた「なにか」は、嘗て聴いていた頃のそれと変わらない。何も変わらない。何も変わらないままだ。
 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (0) / trackback (0) / 一般
2018-05-19 (Sat) 23:59:58
・池辺葵「プリンセスメゾン」

所謂“行間”が表現する情報量が凄い。それは、ポジティブでもネガティブでもない「なにか」。
 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (1) / trackback (0) / 一般
2018-04-27 (Fri) 23:59:58
去る03/30、渋谷。
夕凪に沈むとO-Crestとの共同企画「地に咲く花は頂の夢を見る」。


・あいくれ
細身の女性ボーカルが仁王立ちだった(笑)。
「東京都立川市から来ました」…ヒップホップの様なレペゼンが好印象。

・QLTONE
「裸になって」云々言ってたんだが、それ以上曝け出すつもりか(笑)!

・titilulu
とても可愛らしい。今回出演の幾つかの女性ボーカル・バンドの中で唯一(おい)女性ボーカル・バンド・イベントに呼ばれてそう。

・uguis
イケメンのボーカルが、QLTONEとは違う意味でと言うか、本当の意味でと言うか、正直。
陰が無い。 曰く「夕凪に沈むの世界観は難しいっス」(笑)。

・rem time rem time
凄く男前だった(笑)。
今回のイベント後、ネット上の動画でよく聴いている。


さて。


・夕凪に沈む
楽曲に加え、曲間のM.C.がボーカルの彼女が一個の“人”である事をはっきりと示している。当該バンドが“女の子”ボーカルのバンドの枠外に配置されがちなのも解る。
「月に叢雲」やアンコールで演った、イベント・タイトルにもなっていた「地に咲く花は頂の夢を見る」等の新曲の音源は早く欲しい。改めてちゃんと聴いてみたい。
所でアンコールの2曲目「夜伽」は、このバンドの曲としては特にポップソング寄りだけど、非処女感とピュアネスが決して矛盾しないという何故か余り言われない事実を強烈に訴えている点が希有。


余談。

翌々日、新木場で観た、きのこ帝国の10周年ツアーのタイトルが「夢みる頃を過ぎても」だったのは不思議な符合と言うか示唆的と言うか。


p.s.

https://www.littleneem.com/arinos-fest-2018/timetable
04/14横浜アリノスフェス。行ける方は是非(僕は仕事)。


更に。

https://mobile.twitter.com/yunaginishizumu/status/980791976701280257
08/25、O-Crestとの共同企画第二弾。
 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (5) / trackback (0) / 一般
2018-04-03 (Tue) 23:59:58
吉祥寺なんて、スモール・サークル・オブ・フレンズを観にスターパインズカフェに行って以来だ。
その頃の僕と同じ年頃の子達のバンド、夕凪に沈むを観にプラネットKへ。
イベント名はくりぼっち(笑)。さっき終わったトコ。


出演バンドを幾つか。

Minatoは、ボーカル・ギターの彼のルックスと裏腹の太い声が正統派ロックとよく合っている気がしたので音源を買ってみた。

スリーピース、スリーピースと連呼してた元気なQLTONEは、しかし若干女々しかった(元カノ?の事言い過ぎ(笑))。

杏仁クルーエルはエモかった。頬のこけた長身の彼(ギター)よりメガネぽっちゃりの彼がボーカルなのは大正解。カッコイイ。
ドラマーはファンクっぽいルックス…って単にこだま和文氏に似てるだけか(笑)。


さて、夕凪に沈む。
女子の歌う叙情ロックは重い。男子ロックの童貞感は、実は全く太刀打ち出来ないんじゃないかとすら思う。
かつてCoccoや小谷美紗子氏や松崎ナオ氏に恐れをなした僕が聴く事が出来るのは、ミクスチャーを経、クラブミュージック全盛(M.C.バトル流行ってるよね。ヒップホップはクラブミュージックだぜ)の昨今の音楽らしく、“まず音楽”だからだろう。
音楽に歌詞が載っているというと当たり前だが、まず楽曲であり、その音声が女子のアイデンティティーを語っている/奏でている。
あ、でもギターの倉島さんが楽曲にそぐわない激しいパフォーマンスを突然やったのはカジヒデキ氏みたいだった(つまり男子感丸出し(笑))。


以下は余談。

かつて観ていたステージ上の人達は年上だったがやがて同世代となり、今、遥か年下となった。
僕はここで見ているだけだ。
 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (6) / trackback (0) / 一般
2017-12-24 (Sun) 23:59:58
髪の色素の薄い生徒が黒く染めさせられる件。

身体的特徴を否定するのは重大な人権侵害だと思うが何故許されているんだろう(そもそも何故それを正義と思っているんだろう)?

…昔同僚から聞いた、吐き戻した給食を食べさせられた話が事実なら、教師というのはそういうものなのだろう。
 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (2) / trackback (0) / 一般
2017-12-05 (Tue) 23:59:58
「舞妓さんちのまかないさん」が少年誌連載なのは英断だ。

舞妓さんが、風営法的に微妙だろうと、10代の青春なら、それを描いた少年漫画は在るべきだ。

 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (2) / trackback (0) / 一般
2017-09-26 (Tue) 23:59:58
 | GOTO TOP | OLD ≫
CATEGORY
NEW
COMMENT
≫ 心理描写の極北
 ≫ ヘッド (05/20)
≫ マイナー誌をたらい回しにされた挙句、掲載誌のリニューアルで打ち切り…ふざけるな!!
 ≫ ヘッド (05/18)
≫ 花と頂
 ≫ ヘッド (05/05)
 ≫ ヘッド (05/03)
 ≫ ヘッド (04/24)
TRACKBACK
≫ これは単にワルクチですよ(笑)
 ≫ † 夜行記 † (05/06)
 ≫ 僕の宗教へようこそ (05/05)
≫ 降神だのM.S.C.だのといった新世代だけでなく大御所もちゃんと凄いや
 ≫ レコード万歳 (05/02)
≫ ブルガリ!
 ≫ 僕の宗教へようこそ (12/11)
≫ 「蟲師」アニメ版を評価してはならない理由
 ≫ DaHjaj gheD (10/31)
LOG
PROFILE
LINK
≫ module
 ≫ nJOY BLOG
≫ ikasama
 ≫ illust
 ≫ music(nico nico douga)
 ≫ side B
≫ exoticaAssociation
 ≫ 空にとける虹と僕の声
TOOL
rss 1.0
RSS 2.0

master

analyzer
analyzer_sp

≫ ゲストモード
ID :
PASS :



≫ 処理時間 0.204163秒
PRODUCE

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
2.6.11a

BANNER

もうすこしだけましな僕らが眠らない理由