1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
06_ 2018
久我重明!!!!! 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (0) / trackback (0) / 一般
2018-06-14 (Thu) 23:59:58
古くは、エアロスミスとRun-D.M.C.迄遡る。

シャカゾンビとノーザンブライトの「GET YOURSELF ARRESTED」よりも、僕はまず、ガクM.C.「word music」収録の、軽快なアコースティック・サウンドに載せられた軽快なラップを思い出す。

étéの「ギターロック meets ポエトリーリーディング 」は、これ等のどれとも違って(そもそもポエトリーリーディング だが。でも、冒頭のマイクパフォーマンスの雰囲気はヒップホップのそれに見えた)、激しく、ともすれば悲壮な楽曲に金切り声の様な声が載る。

ボーカルの彼のその可愛らしいルックスと声は、時に揶揄もされる。

しかし、 6/7(木) 下北沢RéG、彼はその声で「覚悟はあるか」と確かに言った。

そうだ、ギターを掻き鳴らし詩も絶唱するという自意識の濃厚さたるや如何に、そう思って観に来たのだ。

答は…ストレートに熱血だった。


https://www.youtube.com/watch?v=KNG25gUv0yw
 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (0) / trackback (0) / 一般
2018-06-08 (Fri) 23:59:58
ムロの「Han-tome」は、 クラッシュとボスの「Candle Chant」や、ガクM.C.の「ここにいない君へ」、X.B.S.「Life」の様には、その由来が語られた事は無かった筈だ(僕の知る限り)。

カスタネッツの「月と幻」も、真意が語られた事は無かった(僕の知る限り)と思うが、実はそういう歌なんじゃないかと、僕は勝手に思ってて。
最後の「君に会いたい 君に会いたい」と繰り返す部分を聴くと、そんな気がする。
だって、じゃなかったら、雲の切れ間から覗きこんだりはしないだろう、と。
 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (1) / trackback (0) / 日記
2018-05-30 (Wed) 23:59:58
大変だ! ヤングマガジンで、高野ひと深「私の少年」の連載が始まったぞ(誰に言ってんだ)!!

本作が、もろ男性誌たる本誌に移籍した意図は何だろう?
今回(移籍1話)、「大人が未成年をかどわかした」ってはっきり言ってるね。そこか?

でもね、男性諸氏が知っておかなければならないのは、女性の性被害について想像する時、男女を逆転させて考えるのは適切ではないって事。
男性の場合、屈強な大男に乱暴される事を想像するのが妥当だって意見が在って、その通りだと思う。

それはさておき、「持ってるカードキーに登録された階数にしか行けないってやつか…めんどくさ」「知ってるどの田中さんでもなかった」「体力おもっっっしろい位落ちてるな」…1話目から社会人あるある満載だな(笑)。

 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (0) / trackback (0) / 一般
2018-05-28 (Mon) 23:59:58
最近、ガールズ・バンドをアイドル的な視点で観る向きが居る事を知って、ガールズ・バンドと言えば弁天レーベルだった(笑)僕は物凄く驚いて、で、バンドをアイドルの様に観る感覚…そもそも異性のアイドルを観る/アイドル歌謡を聴く嗜好とはどんなものなのかを考えてて。
実に昨晩、要するに彼等(アイドル・ファン)は肉食なのだ、という結論に至った。

僕にその素養は無い。


本日5/19、下北沢CLUB Que、ザ・カスタネッツ、ワンマン。

ちゃんとした大人の客層の中ちょっぴり居心地が悪かった。
牧野氏の下らないM.C.(「今日はボーダーの人が多くて…随分逃げて来ちゃったんだなぁって」)は好かったが(笑)。

今日、牧野氏の情感を際限無く増幅させる歌を浴びる程聴いて、ブルーハーブのボスのタイトなラップを聴いてる時以上に、やはり、求めているのはこれで、僕に萌を楽しむ心の余裕は未だ無いんだって実感した。

アンコールのラスト、 嗄れ切った声で歌う「Through」を聴いている時に感じた「なにか」は、嘗て聴いていた頃のそれと変わらない。何も変わらない。何も変わらないままだ。
 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (0) / trackback (0) / 一般
2018-05-19 (Sat) 23:59:58
・池辺葵「プリンセスメゾン」

所謂“行間”が表現する情報量が凄い。それは、ポジティブでもネガティブでもない「なにか」。
 
ID: イカサマ・ヘッド / comments (1) / trackback (0) / 一般
2018-04-27 (Fri) 23:59:58
 | GOTO TOP | OLD ≫
CATEGORY
NEW
COMMENT
≫ 献杯
 ≫ ヘッド (06/13)
≫ 花と頂
 ≫ ヘッド (06/04)
 ≫ ヘッド (05/05)
≫ 心理描写の極北
 ≫ ヘッド (05/20)
≫ マイナー誌をたらい回しにされた挙句、掲載誌のリニューアルで打ち切り…ふざけるな!!
 ≫ ヘッド (05/18)
TRACKBACK
≫ これは単にワルクチですよ(笑)
 ≫ † 夜行記 † (05/06)
 ≫ 僕の宗教へようこそ (05/05)
≫ 降神だのM.S.C.だのといった新世代だけでなく大御所もちゃんと凄いや
 ≫ レコード万歳 (05/02)
≫ ブルガリ!
 ≫ 僕の宗教へようこそ (12/11)
≫ 「蟲師」アニメ版を評価してはならない理由
 ≫ DaHjaj gheD (10/31)
LOG
PROFILE
LINK
≫ module
 ≫ nJOY BLOG
≫ ikasama
 ≫ illust
 ≫ music(nico nico douga)
 ≫ side B
≫ exoticaAssociation
 ≫ 空にとける虹と僕の声
TOOL
rss 1.0
RSS 2.0

master

analyzer
analyzer_sp

≫ ゲストモード
ID :
PASS :



≫ 処理時間 0.407001秒
PRODUCE

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
2.6.11a

BANNER

もうすこしだけましな僕らが眠らない理由